飛鳥時代についてわかりやすく part1「聖徳太子編」

前回の「古墳時代」に続いて、今回は「飛鳥時代」です。
注意すべき点は、飛鳥時代は古墳時代と少し被っているということ。
まあ、あまり気にせずいきましょう。笑

飛鳥時代(あすかじだい)」の「飛鳥」は、かつて奈良にあった地域の名前。wikiによると、現在の「奈良県高市郡明日香村大字飛鳥」あたりなんだそう。

その飛鳥で「宮」「京」を築いた時代が、飛鳥時代です。
asukakyo-model.jpg
(写真は「飛鳥の宮 復元模型」/奈良県立橿原考古学研究所附属博物館より)

ヤマト王権の「大王(後の天皇)」が、バチバチやり合った時代でもあります。古代最大の戦いで、理由あって一時期日本の教科書から消えた「壬申の乱」も、この時代。聖徳太子・蘇我氏・推古天皇、そして天智天皇から天武天皇へと中央集権国家作りが進んだ時代。

「飛鳥時代」という言葉を聞いても、正直ピンと来なかったのですが、意外と盛りだくさんな時代のようです。

wikiによると、592年~710年までの118年間。
もしくは、聖徳太子が推古天皇の摂政になった593年から、持統天皇が藤原京に遷都した694年までの102年間を「飛鳥時代」と言うようです。

飛鳥時代の重要人物で流れをみると、

「聖徳太子&推古天皇&蘇我氏」

「天智天皇(中大兄皇子)&藤原鎌足(中臣鎌足)」

「天武天皇&持統天皇」

となります。
飛鳥時代は長いので、この3段階に分けて見ていくことにします。

飛鳥時代

天皇系図

飛鳥時代は、天皇家が大暴れする時代です。
名前がぽんぽん出てきても(私は)理解できないので、最初に系図を載せておきます。

tennou5.pngtennou6.png
(写真は「歴代天皇系図」/家系図作成本舗より)

私も記事を書きながら、何度も見直しました。
クリックで画像が大きくなると思いますので、ややこしくなったら戻ってきてください。

 

蘇我氏

蘇我氏も重要です。
飛鳥時代になって教科書にいきなり登場する蘇我氏(そがうじ、そがし)の一族。

いったい何者なんだ!
と、ずっと疑問に思っていたので調べました。

まずは、蘇我氏の系図。
Soga_faminy_tree.png
(写真は「蘇我氏略系図」/蘇我氏 – Wikipediaより)

見てまず驚いたのは「天皇の親戚、ほとんど蘇我氏じゃねぇか!」ということ。そりゃ、教科書にも載りますね。

皇帝の妃の一族のことを「外戚(がいせき)」と言います。蘇我氏は天皇家の外戚として、大きな権力を握っていたようです。

蘇我氏の出自も気になったので調べたのですが、「古事記」や「日本書紀」には、武内宿禰(たけしうちのすくね)を祖とする・・など書かれているようです。が!手元の資料では「葛氏から分立した氏族」と書かれていました(※諸説あるようです)。葛城といったら「葛城山」。私も3回くらい登ったことがありますが、蘇我氏は近畿地方の出身だったんですね。

蘇我稲目(そがのいなめ)」の代から分立したようです。
wikiによると、蘇我氏の具体的な活動が書かれているのは蘇我稲目からで、手元の資料でも稲目から書かれています。ともかく、蘇我氏は稲目からが重要なんですね。

さて、蘇我氏は「渡来人説」が強く、実際に渡来系氏族を従えていたようです。

そして、
・神物や官物を納めた「斎蔵(いみくら)」
・朝廷の官物を収めた「内蔵(うちくら)」
・国内(政府)の官物を納めた「大蔵(おおくら)」

の「三蔵(みつのくら)」を管理しました。

さらに、古墳時代で出てきた氏姓制度だと、蘇我氏の姓は「臣(おみ)」。中でも蘇我氏は、臣の中の有力者が就くという「大臣(おおおみ)」だったそう。

ヤマト政権の中でも、最高の地位を占めた豪族です。
かなり強そうですね。「権力」の匂いもプンプンです。

教科書では、
蘇我稲目(そがのいなめ)

蘇我馬子(そがのうまこ)

蘇我蝦夷(そがのえみし)

蘇我入鹿(そがのいるか)

ときて、入鹿が乙巳の変(いっしのへん)殺害された!親父の蝦夷は自害
といった歴史の流れ。蘇我氏の時代はここまで。

「盛者必衰」というやつでしょうか。
仏教派の蘇我氏にとっては、皮肉な運命ですね。

物部氏

蘇我氏ともう一つ気になる氏があります。
彼らのライバルとして出てくる物部氏(もののべうじ)」の一族です。

やはり物語には「ライバル」は欠かせません。
ちなみに、物部氏の系図は、見てもあまりピンとこなかったので、載せません。笑

物部氏の姓は「連(むらじ)」でした。中でも軍事を司る有力豪族として、大伴氏と同じく「大連(おおむらじ)」という役職に就いていました。

「武士」を「もののふ」と呼ぶ語源は、この「物部」からきているらしい。ヤマト王権時代は、ブイブイいわせていたようです。

後に紹介する「磐井の乱」も、「物部麁鹿火(もののべのあらかひ)」によって、鎮圧されています。

物部氏で重要なのは、
物部麁鹿火(もののべのあらかひ)
Mononobe_no_Arakabi.jpg
(写真は「物部 麁鹿火(菊池容斎画)」/物部麁鹿火 – Wikipediaより)

物部尾輿(もののべのおこし)
Mononobe_Okoshi.jpg
(写真は「物部尾輿『前賢故実』」/物部尾輿 – Wikipediaより)

物部守屋(もののべのもりや)
Mononobe_no_Moriya.jpg
(写真は「物部守屋(菊池容斎筆)」/物部守屋 – Wikipediaより)

の3人。
ちなみに、尾輿と守屋は親子関係ですが、麁鹿火は違います。

大伴氏

ちょいちょい出てくる「大伴氏(おおともうじ)」。
教科書では、蘇我氏・物部氏ほど目立ちませんが、力関係的には重要な氏の一つのようです。

飛鳥時代では、とりあえず「大伴金村(おおとものかなむら)」を押さえておけばよさそう。
Otomono_Kanamura.jpg
(写真は「大伴金村『前賢故実』」/大伴金村 – Wikipediaより)

姓は大連です。

聖徳太子

syotokutaishi.png
(写真は「聖徳太子」/BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)より)

出ました、聖徳太子!
我が国のアイドルであり、少し前までお札の顔だった彼。

「10人の話を、同時に聞けた」
「馬小屋で生まれた→厩戸皇子(うまやどのみこ)」
(馬小屋って、イエス・キリストじゃねえか!)

など、他にも伝説的なエピソードはあるようです。

が!その存在を巡って
・聖徳太子など、そもそもいなかった。
・複数人の業績を「聖徳太子」一人がやったことにした。
・いや、聖徳太子は実在した!

など、様々な説があります。

(※画像はAmazonリンクです)

これも歴史の一つの楽しみ方なんでしょう。今回は一応、手元の資料通り実在したテイで、話を進めます。

聖徳太子(574年2月7日~622年4月8日)」は、厩戸王(うまやどおう)または厩戸皇子(うまやどのみこ)と呼ばれた、いろんな意味で伝説の人物。

「用明天皇(ようめいてんのう)」の息子で、「推古天皇(すいこてんのう)」の甥っ子。ちなみに、用明天皇の母親は蘇我氏の一族で、彼の妻も蘇我氏の血を引いています。推古天皇は用明天皇の兄妹。

つまり彼は、バリバリの蘇我ファミリーです!笑

当然、聖徳太子は蘇我氏と協力して政治を行いました。本人の気持ちはわかりませんが、少なくとも蘇我氏と共に政治をすることに関しては不自然ではありません。「蘇我氏の言いなり」といった認識ではなく、「蘇我氏と協力して」という見方がしっくりきます。

彼のポジションは、推古天皇を支える摂政であり、皇位継承第一順位の皇太子。蘇我氏と同じく、仏教を崇拝しました。

中国の様子

飛鳥時代は、中国や朝鮮との関係も深かったようで、少し見ておきましょう。
中国では「(ずい)」(581~618年)が、589年に陳(ちん)を滅ぼして、統一王朝を成立させました。

zui.png
(写真は「隋の領域」/隋 – Wikipediaより)

そして、ここから隋の攻撃が始まります!
朝鮮半島の「高句麗」に対して、数度大軍を派遣
高句麗からしたら、「おいおい、やんのかこらぁ」といった感じ。

さて、隋で有名なのは、第2代皇帝の「煬帝(ようだい)」。
暴君として知られています。
Sui_Yangdi_Tang.jpg
(写真は「世祖 楊広」/煬帝 – Wikipediaより) 

100万人の民衆を動員させた「大運河建設」は、民衆から大きな反発を受けました。結果として、運河は分裂していた中国を繋ぐ有用な計画となりましたが、ドSすぎる政策でかなり嫌われていたため、最後は殺害されたそうです。

隋の次は「(とう)」(618~907年)。
李淵(りえん)が隋を滅ぼして、建国しました。
Tang_gao_zu.jpg
(写真は「高祖 李淵」/李淵 – Wikipediaより) 

2代目皇帝「太宗(たいそう)」の政治は「貞観の治(じょうがんのち)」と言われ、中国史上、最も国内が良く治まった時代と言われています。
TangTaizong.jpg
(写真は「太宗 李世民」/太宗 (唐) – Wikipediaより) 

さて、唐も高句麗を攻撃し始めました。隋や唐の行動は、朝鮮半島だけでなく日本にとっても、意識せざるを得ない状況を作り出します。

朝鮮半島の様子

朝鮮半島との関係も見ておきます。
飛鳥時代よりも少し遡ります。

さて、前回以降、朝鮮半島に大きな動きがありました。
なんと「伽耶(かや)」が無くなってしまいました!地図で見ると・・

5世紀後半の朝鮮半島

tyousen-sangokuzidai.png
(写真は「5世紀終わり頃の朝鮮半島」/三国時代 (朝鮮半島) – Wikipediaより)

6世紀の朝鮮半島

tyousen576.png
(写真は「576年頃の朝鮮半島」/新羅 – Wikipediaより)

消えている・・・。
伽耶諸国は、ヤマト政権にとって大事な国だったのですが、滅亡してしまいました。

この間、日本と朝鮮の間にもいろいろあったようですが、教科書でまず目に飛び込んでくるのは磐井の乱(いわいのらん)」。

527年、ヤマト政権が「新羅(しらぎ/しんら)」と戦うため、朝鮮へ出兵しようとするも「筑紫国造磐(つくしのくにのみやつこいわい)」が、北部九州で反乱を起こして渡海を妨害。なんと磐井は「新羅」と手を結んでいたようです。
なんとか翌年、「物部麁鹿火(もののべのあらかひ)」によって鎮圧されました。

まだ、ヤマト政権の力が、全国に及んでいなかったんですね。
伽耶が無くなって、残ったのは「高句麗(こうくり)」と「新羅」と「百済(くだら)」の三国。ここからさらに、バチバチの戦いが始まります。

三国になった朝鮮ですが、「高句麗」は「隋」から度々攻められていました。後にできた「唐」からも攻められる始末。しだいに、高句麗の力は弱まります。

655年、「高句麗」と「百済」が連合して「新羅」に攻め入りました。新羅は「唐」に助けを求めます。そしていろいろあって660年百済の義慈王は降伏。何で百済がやられたんや!と気になる方は、朝鮮の歴史をググってください。

しかし、すでに滅んだ百済は復活を望みます。仲の良かった倭国に援軍を要請し、我が国はトモダチ作戦で参戦。「白村江(現在の錦江河口付近)」らへんで交戦するも、「唐と新羅の連合軍」にボロボロにやられてしまう。これが、663年の「白村江の戦い(はくすきのえのたたかい)」です。

「やばい、このままだと唐と新羅が我が国に攻めてくるのでは!?」と焦り、朝鮮式山城水城を造り、防人を置いて防御力アップ。さらに万全を期すため、667年には、都を飛鳥から近江大津の「大津宮(滋賀県)」に遷都。

そして、翌668年にはさんざん痛めつけられてきた「高句麗」が滅亡。
しかし今度は、朝鮮半島の支配をめぐって「唐」と「新羅」が争うことに。そして、676年には新羅が唐の隙をみて朝鮮半島をほぼ統一
Map_of_Balhae.jpg
(写真は「Map of Balhae」/新羅 – Wikipediaより)

こうなると、唐としては面白くない。
彼らの侵略を心配していた我が国ですが、どうやら攻めてくる気配はなく、逆に唐も新羅も日本に気を遣うようになりました。敵国と組まれたら不利になりますからね。ただ、国内の豪族たちは「白村江での大敗」、その後の対応に対して恨みを抱いていました。

ちなみに、↑の地図にでかでかとある「渤海(ぼっかい)」は、高句麗に従属していたツングース民族による国とされていますが、いろいろと議論があるようです。

飛鳥時代のできごと「聖徳太子編」

本編入ります。

蘇我氏vs物部氏

まずは「蘇我氏vs物部氏」から。
蘇我氏と物部氏だと「仏教を巡る争い」が有名です。

538年に伝わった「仏教」を巡って、崇仏派蘇我稲目と、廃仏派で神道バリバリ物部尾輿との間に、争いが起きました。抗争は子供の代まで受け継がれ、587年蘇我馬子物部守屋を滅ぼすことで決着がつきます。

物部守屋は「疫病が流行ったのは、蘇我氏が仏教を広めたせいだ!」と敏達天皇に言ったとか。「宗教戦争」ですね。

大伴金村も、物部尾輿から「朝鮮半島政策の失策」を非難され、540年に失脚しています。「磐井の乱」関係で、ゴタゴタがあったようです。

これで、敵は消えました。いよいよ、蘇我氏無双のはじまりです。

蘇我ファミリー

蘇我馬子は「飛鳥」を新しい拠点として選びます。

馬子は、外戚パワーを利用して「用明天皇(ようめいてんのう)」、「崇峻天皇(すしゅんてんのう)」と、次々に蘇我氏一族の妃が産んだ天皇を即位させます。しかし、崇峻天皇はそんな馬子に反感を抱きました。

そして・・暗殺。

崇峻天皇は消され、代わりとして、馬子の姪で、敏達天皇(びだつてんのう)の后だった額田部王女(ぬかたべおうじょ)を「推古天皇(すいこてんのう)」(554~628年)として即位させます。初の女性天皇(当時は大王)です。
Empress_Suiko.jpg
(写真は「推古天皇」/推古天皇 – Wikipediaより)

推古天皇即位の翌年、593年には甥の聖徳太子が摂政(職位としては当時存在しない)となり、馬子や推古天皇と協調しながら、蘇我ファミリーによる中央集権国家作りが始まります。

聖徳太子の政治

有名なのは、
603年に制定された「冠位十二階の制(かんいじゅうにかいのせい)」。
臣下を12の等級に分けて、「個人の才能や功績」に応じて授けられる、一代限りの位です。

604年に制定された「憲法十七条(十七条の憲法)」。

一に曰く、和を以て貴しと為し、忤ふること無きを宗とせよ。・・
二に曰く、篤く三宝を敬へ。・・
三に曰く、詔を承りては必ず謹め。・・


十七に曰く、夫れ事独り断むべからず。

と続く、役人となる諸豪族に向けた戒めで、初の成文法。
しかし、注目すべきは、これらの制度・憲法自体ではないらしいのです。制定された年号がポイントだそう。

前後関係を見てみます。

遣隋使

まず、我が国は600年第一回目の「遣隋使(けんずいし)」を派遣しました。
しかし、この事実は日本書紀には載っていません。
何故か?それはおそらく・・門前払いを受けたのでしょう。

第二回目の遣隋使で、「隋との対等関係」を主張している感じからして、第一回目に行ったときは「文明国として最低限の制度も無いのに、対等とか何言ってんのププー」みたいな扱いを受けたのかも(想像)。黒歴史ですね。ただ、一回目の訪問も、しっかりと中国側に記録されていました。

kenzuisi-fune.jpg
(写真は「当時の遣隋使船のイメージ」/DonPanchoのホームページより)

そして第二回目の遣隋使は607年
そうです。この間に、冠位十二階の制(603年)と憲法十七条(604年)を制定しています。中国に対してのアピール、つまり「外交交渉」に利用した面も強かったようです。

またこの間、我が国は「新羅」に対して軍を派遣していて、対朝鮮関係も意識した外交だったのかもしれません。つまり、中国の冊封体制から独立することで、未だに冊封を受けている「朝鮮諸国」に対して、優位性を示そうとしたということ。

さて、第二次遣隋使は、皆大好き「小野妹子(おののいもこ)」の登場です。
ご存知、がっつり「男」です。蘇我馬子の「子」はあまり騒がれないのに、妹子はめちゃくちゃ人気ですよね。やっぱり「妹」の力ですね。笑

妹子率いる倭国代表チームは、「国書」を携えて隋へとやってきました。
そこで、時の皇帝「煬帝」に差し出した国書の内容は・・

日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや、云々・・

有名ですね。一般的には「倭国の天子と隋の天子は、対等関係だよ」という意思表示で、「日没する処」の箇所に煬帝がブチギレ!と教えられると思います。

が、私の記憶では「この文章は、中国の難しい本に書かれている内容をもじった、粋な文なんだ」と習いました。
本当かな?と今でも疑問・・。

手元の資料では「これをもって対等の外交を目指したと考えるのは、問題がある」と書かれています。また、ブチ切れた煬帝が、我が国に攻めてこなかった理由は、「自分の国(と朝鮮とのバトル)で手一杯だった」という説が一般的。

そして帰り際、いらぬお荷物「裴世清(はいせいせい)」を国史として、連れて帰ることになります。

留学生・学問僧を含めた第三次遣隋使608年、最後の第四次遣隋使は「犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)」を派遣した614年でした。

遣隋使で・・いやなことを思い出したんですけど・・
私が小学生のころ、どこかの博物館に社会見学か何かで行った時、リアルに「昔の船」を再現したアトラクションがありました。某テーマパークもビックリのクオリティで、「バック・トゥ・ザ・〇ューチャーも驚きの、上下の動き」と「船上で剣を交えて殺し合う映像」の融合で、特殊な眼鏡なしでも、乗っていた生徒の半数が吐きそうになる、という「事件」がありました。

「昔の渡航は命がけだったんだな」と、ゲロを我慢しながら同情しましたね。

聖徳太子と仏教

聖徳太子で外せないのが「仏教」。
もちろん、蘇我氏も仏教にどっぷりですから、当時のリーダーたちは好き嫌いに関係なく、仏教に目を向け始めます。

さらに、これまでの「古墳」に代わって「氏寺(うじでら)」の建立(こんりゅう)が、権威の象徴となり始めます。

588年、蘇我馬子の発願で「飛鳥寺(法興寺)」の建立開始。

593年、聖徳太子による「四天王寺」建立。
shitennouji.jpg
(写真は「四天王寺」/四天王寺 – Wikipediaより)

594年、「仏教興隆の詔(ぶっきょうこうりゅうのみことのり)」発布。
政治の中心に仏教が据えられました。聖徳太子が摂政になった次の年です。

607年、聖徳太子による「法隆寺(斑鳩寺)」建立。
Horyu-ji.jpg
(写真は「法隆寺」/法隆寺 – Wikipediaより)

この頃から、これまでになかった大規模な寺院が建設されるようになります。百済が無くなったことで、多くの技術指導者や僧が倭国に流れてきます。新しい建築技術も伝わりました。

多くの豪族や一般の民衆は「仏教の複雑な教理」なんてわかりませんから、「大きなお寺」「ピカピカの仏像」などを見て、「なんかすげぇー。ありがたや」と信仰するようになったそう。どの宗教でも、建築技術と芸術は一定の「入口」になりますね。

仏教あれこれ

彫刻

古式微笑をたたえる「北魏様式」

釈迦如来像(しゃかにょらいぞう)/飛鳥寺
Asuka_dera_daibutsu.jpg
(写真は「釈迦如来像(飛鳥大仏)」/飛鳥寺 – Wikipediaより)

釈迦三尊像(しゃかさんぞんぞう)/法隆寺金堂
syakasanzon.jpg
(写真は「釈迦三尊像」/ 奈良 法隆寺の総合情報サイトより)

救世観音像(ぐぜかんのんぞう)/法隆寺夢殿
guzekannon.jpg
(写真は「救世観音菩薩立像」/  奈良 法隆寺の総合情報サイトより)

温かみがあり崇高な「南梁様式」

百済観音像(くだらかんのんぞう)/法隆寺
kudarakannon.jpg
(写真は「百済観音像模造」/ 百済観音 – Wikipediaより)

半跏思惟像(はんかしゆいぞう)/中宮寺
hankasiyuizou.jpg
(写真は「半跏思惟像」/ 東京国立博物館より)

半跏思惟像(はんかしゆいぞう)/広隆寺
kouryuji-hankasiyuizou.jpg
(写真は「宝冠弥勒(半跏思惟像)」/京都トリビア × Trivia in Kyotoより)


(※画像はAmazonリンクです)

 

 

工芸

玉虫厨子(たまむしのずし)/法隆寺
tamamusi.jpg
(写真は「玉虫厨子」/国宝 玉虫厨子より)

天寿国繍帳(てんじゅこくしゅうちょう)/中宮寺
Tenjyukoku_embroidery.jpg
(写真は「天寿国繍帳」/天寿国繍帳 – Wikipediaより)

美術工芸品には「ペガサス」なども描かれているらしく、西アジア、インド、ギリシャなどの影響を受けているようです。はるか西の彼方の文化が、日本にまで伝わる。熱くなりますね。

続きは>飛鳥時代「天智天皇編」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする