歴史のはじまり

物質世界のはじまりとされる、「ビッグバン」から歴史を振り返ってみます。

今から137.99 (± 0.21)億年前にビッグバンが起き、宇宙が誕生しました。(宇宙の年齢 – Wikipediaより)

ひえぇー。途方もない数字ですね。
そして、45.4 ± 0.5億年前に地球が誕生。(地球の年齢 – Wikipediaより)

宇宙系の番組は、好きでよく見るのですが、宇宙の歴史、真理を解き明かすワクワク感。観測、物理学を駆使して解き明かす謎。

無限に広がる漆黒の闇。
やっぱり宇宙には不思議な魅力がありますよね。

人類の誕生

そして、人類の誕生!なのですが、ここら辺の「文献のない時代」つまり「文字のない時代」の研究は「考古学(こうこがく)の分野らしいです。

化石を調べたり、もうちょっと時代が進むと遺跡を調べて、歴史を知るんですね。ということは、化石や遺跡が新しく発見されるたびに、歴史が書き換えられることになります。

猿人

初期の人類と言われる猿人(えんじん)。

Lucy.jpg
(写真はルーシー (アウストラロピテクス) – Wikipediaより)

手元の資料では、600万~170万年前とされていますが、もう一つの資料では700年前、wikiだと600万~130万年前とあるので、まあ大体そこらへんなんでしょう(適当)。

これがいわゆる「人類」の始まりとされています。

wikiによると、猿人は6属(ぞく)に分けられ、有名どころでは「アウストラロピテクス」。メタルギア好きの私としては「サヘラントロプス」が気になりました。(笑)

猿人の脳容量は、現代人の約3分の1(500cc)で、直立二足歩行、道具も使っていたと考えられています。

原人

猿人の次が原人(げんじん)。手元の資料では170~20万年前。wikibooksでは180万年前に、「アウストラロピテクス」から進化したらしいと書かれています。
Homo_erectus.JPG
(写真はホモ・エレクトス – Wikipediaより)

脳容量は、猿人の約2倍。現代人の約7割程度の950cc~1100cc。
ジャワ原人、北京原人で有名な「ホモ・エレクトゥス」。他には「ホモ・ハビリス」「ホモ・フローレシエンシス」あたりが有名だそう(私は全然知らなんだけど)。

氷河期に入ってからは、毛皮を身に着けたり、洞窟で暮らすなどしていたようです。火の使用痕跡も見つかっているのだとか。

旧人

原人の次が旧人(きゅうじん)。手元の資料では20万~3万年前、wikibooksでは50万年前らへんからとなっています。

ですが!「ネアンデルタール人が我々の先祖じゃない」ことが明らかになって以降、「旧人」というくくりは一般的に使われなくなっているそう。
Neandertaler.jpg
(写真はネアンデルタール人 – Wikipediaより)

脳容量1300~1600ccで、現代の人たちよりも大きいらしいです。

死者にお花をたむける、お葬式もやっていたそう。

繰り返しになりますが、ネアンデルタール人が直接「新人」に進化したのではないことが、わかっています。ただ、現代人にも数%、ネアンデルタール人の遺伝子が混入している説が発表されたのだとか。これは、共通祖先の名残か、何か別の理由があることを示唆しているらしいです。

新人

旧人の次が新人(しんじん)。ホモ・サピエンスですね。手元の資料では15万年前、wikiでは25万年前と書かれています。
Cees_de_steentijdman.jpg
(写真はホモ・サピエンス – Wikipediaより)

今生きている我々「ヒト」は、学名だとホモ・サピエンスという種の、ホモ・サピエンス・サピエンスに分類されるそう。ややこしい。

現在日本で見つかっている化石は、「浜北人(静岡県)」「港川人(沖縄県)」など、新人以降のものだけらしいです。

でも、もしかしたら今後、更に過去の化石が見つかるかもしれません。もし大阪で原人が見つかったら、名前は「なにわ原人」で決まりですね。

進化なんて無かった?

これを機に、いろいろとネットで調べていたのですが、まずわかったことは

「猿人」→「原人」→「旧人」→「新人」

という短絡的な進化説は、否定されているということ。旧人の時点で一度絶滅しており、我々の祖先はそれら「旧人」とは別系統らしいということ。

ヒト属(ホモ属)はおよそ200万年前にアフリカでアウストラロピテクス属から別属として分化しヒトの属するホモ・サピエンスは40万から25万年前に現れた。
人類の進化 – Wikipedia

「ネアンデルタール人」などと、同時代に共生していたんですね。

現代では「一つの系統」だけが、現代人へ進化した説が有力だそうです。「アフリカ単一起源説」

アフリカで誕生(もしくは進化)した新人が、10万年前くらいからアフリカを出発、各地に移動し始めたというお話。

wikiによると、今暮らしている人間は14~20万年前にアフリカに共通の祖先を持ち(アフリカ単一起源説)、DNA分析によると、14万3000年前±1万8000年に共通祖先の分岐が起こり、ヨーロッパ人、アジア人の共通祖先の分岐は7万年前±1万3000年とのこと。

ユダヤ教とキリスト教、ある意味ではイスラム教も認める(コーランはちょっと意味合いが違う)、旧約聖書に出てくる「アダムとエバの物語」が思い起こされます。

人間が土からいきなり「それっ!」と作られたなんてことを、信じる人はいないと思います。が、聖書はほとんどの部分が比喩で書かれているのは有名。

「創世記」の人間創造物語も、例えば「神様が初めから計画して、人間を創造(進化させて)きた」と考えると、「一系統のみ今の人間となった」ことにも合点がいき、進化論との矛盾も無くなる気がします。ようは、進化が計画ありきの「必然」だったのか「偶然」だったのかの違い。聖書の立場に立つと「必然」になりますね。

宇宙や物理学、科学を突き詰めていくと、「何か見えざる者の計画・意図を認めざるを得ない」的なことをテレビで見たことがあります。こういう話ってワクワクしますね。

おまけ

人類の進化系の話は、化石などを研究する「考古学」や最先端の「科学」なんかが担当する分野なんですね。

一方、「文字」や「資料」などの記録に重きを置くのが「歴史学」です。世界史の授業で、最初はやたらと西アジアらへんを詳しくやるのは、シュメール人が粘土板に文字を書き残したからなんですね。

だから、シュメール人がもし

「そうだ。魔法ファンタジー小説書いてみよう」

「じゃあ私は、オリエント高校に通う何の取り柄もない16歳男子高校生が、なんやかんやでハーレム状態になる物語を書くわ」

なんてことをしていたら、歴史は変わっていたかもしれません(笑)。

ありがとうございました。

次回は>旧石器時代

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク