平安時代についてわかりやすく part1「平安京編」

前回の「奈良時代」に続いて、今回は「平安時代」です。
ウグイスも泣きたくなるくらい、長い平安時代。かな文字の誕生、文学の発展のおかげで、当時の情報がたっぷり残っています。まずは平安時代の流れを把握して、その後に平安時代の文化です。

平安時代(へいあんじだい)」は、都を京都の平安京に置き、政治の中心が鎌倉に移るまでの時代。「鳴くよ(794)ウグイス平安京」~「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」、794年~1192年までと教えられました。が、しかし!現在では守護・地頭を設置した1185年から鎌倉幕府が成立したと見る声も大きいそう。でも、”いいくに(1192)”が語呂的には最強でしょう。

約400年も続いた平安時代。
長い戦いになりそうです。

平安時代とは?

少しだけ奈良時代に遡ります。

遷都の理由

前回の奈良時代では、何度も遷都を繰り返しました。794年になって平安京に落ち着くのですが、その前に「長岡京(ながおかきょう)」(現在の京都府向日市、長岡京市、京都市西京区にあった)を一度はさみます。

都は奈良から京都へ遷ります。奈良時代、天武天皇系の皇室が続いたのですが、京都へ遷都した桓武天皇(かんむてんのう)は、天智天皇系の皇室。

奈良から京都への遷都は、道鏡をはじめとする、奈良時代に複雑に絡み合ってしまった仏教政治(南都六宗など)とのしがらみを断つ意味もあったと言われています。

784年、奈良の平城京から京都の長岡京へ遷都。

藤原種継暗殺と早良親王のハンスト

785年、遷都に反対する勢力により、造営リーダー「藤原種継(ふじわらのたねつぐ)」が暗殺される事件が起こります。

暗殺の理由は、
・藤原四家の誰かが(式家の)種継を消したかった説。
・桓武天皇が息子に譲位したかったので弟をハメた説。
・大伴氏、佐伯氏が調子に乗っているのが許せなかった説。
などなど。

この事件で疑いをかけられたのが、桓武天皇の弟早良親王(さわらしんのう)」と大伴氏、佐伯氏。

しかし、早良親王は無罪を訴えます。更に親王はハンガー・ストライキを行います。京都の乙訓寺に幽閉された彼は、断食を決行。しかし、淡路国に流される途中に憤死(憤慨しながら死ぬこと)。

ハンストで餓死・・おそらく彼は無実だったのでしょう。

この後、桓武天皇の皇后や母が次々に亡くなります。「これは早良親王の祟りじゃー」と恐れる人々が、怨霊(おんりょう)を鎮めるためにはじめた信仰が「御霊会(ごりょうえ)」です。

平安京

794年、「平安京(へいあんきょう)」へ遷都。

Heiankyo.jpg
(画像は平安京 – Wikipediaより)

以後、若干の例外を除き、約1000年もの間、日本の都となります。平安時代の途中、平清盛が貿易を行っていた神戸港の近くに「福原京(ふくはらきょう)」を造営。遷都を強行しますが、なんやかんやで平安京に戻ります。

平安を求めて遷都した山城国(現在の京都)。山に囲まれていた「山背国」は「山城国(やましろのくに)」に改められました。

これまでと同じく唐の長安を参考に造られた都城で、現在の京都府京都市・京都市街に位置。大きさは東西約4.5km、南北約5.2km。お寺は「東寺(とうじ)」と「西寺(さいじ)」が認められました。

遷都には、以前道鏡のゴタゴタで「別部穢麻呂(わけべのきたなまろ)」というニックネームをつけられた、「和気清麻呂(わけのきよまろ)」も関わっています。

平安京の地形

官職の一つに「陰陽師(おんみょうじ)」が置かれた時代。平安京の造営にも陰陽道(風水)が関わりました。

onmyouji.jpg
(画像は「「陰陽師」はなぜ削除されなかったのか – “豪血寺”サントラCDが発表」マイナビニュースより)

↑懐かしい。笑
占い的な利点の他、交通の利便性も平安京の特徴です。

Heiankyo_chikei.jpg
(画像は平安京へ出かけよう・風俗博物館より)

鴨川がすぐ横を流れており、これが淀川へと繋がっているため(淀川水系)、難波(現在の大阪)への移動がスムーズ。反対側には桂川も流れています。

桓武天皇の政策

Kammu.jpg
(画像は桓武天皇 – Wikipediaより)

平安時代初期の天皇「桓武天皇(かんむてんのう)」(在位781-806年)。彼が行った二大政策「平安京造都」「蝦夷の征討」。天皇自ら政治を行いました。

805年の「徳政相論(とくせいそうろん)」では、彼の二大政策が民の負担となっているという意見を聞き、打ち切りを決断。民のことを真摯に考えた天皇として知られています。

蝦夷の平定

桓武天皇は蝦夷政策に力を入れます。平安時代における蝦夷とは、東北地方で暮らす中央政府に帰属しない人々のこと。

jousaku.JPG
(画像は城柵 – Wikipediaより)

東北の各地で「城柵(じょうさく)」を拠点とし、城柵の中もしくは周辺に移住させた農民を「柵戸(さくこ)」、朝廷の支配に属した蝦夷を「俘囚(ふしゅう)」とし、国内各地に移住させ、同化政策を行いました。

jousaku_bunpu.jpg
(画像は徳丹城の歴史「古代城柵の分布」より)

797年、「坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)」が征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)となります。802年、「胆沢城(いさわじょう)」を築城。蝦夷の族長「阿弖流爲(あてるい)」を降伏させ、「命は助ける!」と約束するも、中央の貴族たちに反対され、やむなく処刑。803年、胆沢城の北方に「志波城(しわじょう)」を築造。北上川の上流地域、日本海側は米代川流域まで支配下におきました。774年から811年までの蝦夷征討を特に「三十八年戦争」と呼びます。

律令政治の限界

重い税負担、戸籍の偽造、農民の逃亡、土地の不足・荒廃など、平安時代に入り、律令を中心とした統治は限界に近づいていました。

そんな中、桓武天皇は地方の改革に力を入れます。

勘解由使

奈良時代までは、国司の任期が終わると「解由状(げゆじょう)」という引継ぎ文章が交付されていましたが、利得権を巡って問題がたえませんでした。これを解決する方法として、国司を監視する「勘解由使(かげゆし)」を設置、解由状の審査を行います。

健児の制

健児の制(こんでいのせい)」を設け、それまで農民の負担となっていた徴兵を改めました。量より質。軍団兵士を廃止、郡司の子弟や有力農民から志願した少数精鋭軍団を組織。国ごとに20~200人程度、60日交代で国内の治安維持にあたらせました。

農民の負担軽減

戸籍の偽造や手続きの煩雑さから、班田収受の期間を6年1班から12年1班に改めます。農民に対して強制的に稲を貸し付ける公出挙(くすいこ)の利息を5割から3割に減らし、労役である雑徭(ぞうよう)は年間60日から半分の30日に削減。民に対して優しい政策を行った桓武天皇でしたが、時すでに遅し。律令制は限界に達していました。

平安時代の年表①

第50代「桓武天皇」~第53代天皇「淳和天皇」あたりまでを年表でみていきます。まずは、いつもの系図から。

天皇系図

tennou7.png(画像は「歴代天皇系図(神代七)」家系図作成本舗より)

約400年続いた平安時代は、第50代「桓武天皇」からはじまり、第82代「後鳥羽天皇」まで。30人以上の天皇が登場します。

794年:平安京遷都

平安時代に入ります。

805年:徳政論争(徳政相論)

805年、桓武天皇は藤原式家「藤原緒嗣(ふじわらのおつぐ)」と「菅野真道(すがわらのまみち)」の両者に、”徳のある政治”について議論させます。

そこで藤原緒嗣は、蝦夷征討や長岡京に次ぐ平安京の造営により、民の負担が増大している実情をみて「今、天下の人々が苦しんでいるのは、蝦夷平定と平安京の建設です。この二つを止めればみんな安心します」(wikiより)と答えました。

一方、菅野真道は緒嗣の意見に反対。両方とも桓武天皇の二大事業だったからです。天皇に恥はかかせまいと反論した真道でしたが、桓武天皇はできた人間でした。民のことを慮る天皇は、緒嗣の言うとおり政策の中止を宣言しました。

というのが、「徳政論争(とくせいろんそう)」です。

806年:平城天皇践祚(即位)

平城天皇(へいぜいてんのう)」(在位806-809年)は、桓武天皇と藤原乙牟漏(ふじわらのおとむろ)の第一皇子。彼は名前の通り、一度、平城京に遷都しようとしました。桓武天皇の弟「早良親王」がハンストで亡くなった後、天皇となります。

一クセも二クセもある天皇で、暗殺された藤原種継の娘で、自分の妃の母親でもある式家「藤原薬子(ふじわらのくすこ)」を寵愛します。スラング・下品な表現を使うと親子丼。

当然父親である桓武天皇は怒って薬子を追放するのですが、桓武天皇の崩御後(806年)、再び彼女を呼び戻します。薬子の旦那さんは、大宰府に左遷。さらに薬子は、政治にあれこれ口出しするように。

809年:平城天皇譲位、嵯峨天皇即位

平城天皇は病弱だったため、即位して3年で弟の嵯峨天皇に譲位します。藤原薬子とその兄の藤原仲成は反対したのですが、彼の意思は固い。しかし、上皇としての力は維持したままでした。これが、後々問題となります。

Saga.jpg
(画像は嵯峨天皇 – Wikipediaより)

嵯峨天皇(さがてんのう)」(在位809-823年)は桓武天皇の第二皇子、平城天皇の弟。

810年:蔵人所の設置

天皇直属の秘書的な役割を担う蔵人(くろうど)、その役所「蔵人所(くろうどどころ)」を設置。

蔵人の長を「蔵人頭(くろうどのとう)」と呼び、嵯峨天皇は北家の「藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)」、「巨勢野足(こせののたり)」らを任命。以降、藤原北家がグイグイ力をつけていきます。

同年:薬子の変(平城太上天皇の変)

ついに事件が起こります。平城天皇が譲位した翌年、嵯峨天皇が病にかかり、心なしか平城天皇は元気に。薬子らの応援を受け、平城京への遷都をはかり、平安京と平城京との「二所朝廷(にしょちょうてい)」という複雑な構図ができあがります。

指揮命令系統がおかしくなったため、嵯峨天皇は蔵人所を設置。平城上皇に秘密をバラすことなく、太政官組織との命令系統を確保。

二人の対立はどんどん深まり、ついに平城上皇は挙兵を決意。しかし、嵯峨天皇の方が一足早く、藤原仲成を射殺、藤原薬子は毒を飲んで自殺、平城上皇は出家という結末。これが「薬子の変(くすこのへん)」です。

ちなみに「平城上皇の変」ではなく「薬子の変」としたのは、嵯峨天皇が平城太上天皇に罪を及ぼさないようにした為なのだとか。

816年:検非違使の設置

Kebiisi.jpg
(画像は検非違使 – Wikipediaより)

平安京の治安維持を行う令外官「検非違使(けびいし)」を設置。平安時代後期には、京都以外の国にも設置されるようになります。

蔵人頭や検非違使など、律令に定められていない新設の官職を「令外官(りょうげのかん)」と呼びます。

820年:弘仁格式を撰進

三代格式(さんだいきゃくしき)」の一つ、「弘仁格式(こうにんきゃくしき)」を編纂。嵯峨天皇が一代目。弘仁格式は、大宝1年~弘仁10年までの法を分類・編集したもの。

清和天皇が二代目「貞観格式(じょうがんきゃくしき)」。醍醐天皇が三代目「延喜格式(えんぎきゃくしき)」。

(きゃく)」は、律令の修正・補足のための法令のこと。「(しき)」は、律令の施行細則(施行する上で必要なことを定めた細かい規則)のこと。(wikiより)

三代格三代式、合わせて6つ本来あるはず。三代の格は「類聚三代格(るいじゅさんだいきゃく)」という法令集にまとめられているのですが、式は「延喜式(えんぎしき)」のみが完全な形で現存しているそう。

823年:嵯峨天皇譲位、淳和天皇即位

薬子の変があり、嵯峨天皇は自身の子ではなく、異母弟である「淳和天皇(じゅんなてんのう)」(在位823-833年)を立てます。しかし、これが後に問題となります。

823年:公営田の導入

8世紀後半には農民の逃亡、9世紀には戸籍の偽造が増え、律令を中心とした統治は限界に近づいていました。

823年、不作が続いた大宰府管内に「公営田(くえいでん)」を設け、財源を確保しようとします。良田1万2000町を公営田とし、年間6万人以上の百姓を動員して耕作させました。

戸籍などを元に、人を対象に課していた「人頭税」から、「土地税」へと課税方式が変化。やがて官人も、給与・経費に充てるための「諸司田(しょしでん)」を持ち、9世紀には天皇が「勅旨田(ちょくしでん)」、皇族も「賜田(しでん)」と呼ばれる田地を持つようになります。

833年:令義解を編纂

淳和天皇が「清原夏野(きよはらのなつの)」らに命じ、編纂させた「令義解(りょうのぎげ)」。これまでいくつもあった令の条文解釈が、公的に統一されました。

9世紀後半には、学者「惟宗直本(これむねのなおもと)」によって私的に編まれた「令集解(りょうのしゅうげ)」が登場します。

平安時代の外交

平安時代、日本のご近所さんは大荒れ状態。この頃、わが国は外交面においては孤立主義をとり、貴族社会では「海外=穢れた地」という価値観もみられるようになります。

中国

8世紀の後半ごろから唐が衰え、907年に唐が滅亡。しばらく混乱期が続き、960年に「(そう)」が建国され、979年に中国を統一。

遣唐使が廃止された一方で、私的な貿易は盛んに行われました。

渤海は926年、半農半牧の民族「契丹(きったん)」によって滅ぼされました。

朝鮮半島

新羅が王位継承争いによって分裂。936年に半島を統一したのが「高麗(こうらい)」です。

続きは>平安時代「摂関政治(前期)編」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする