縄文時代についてわかりやすく~1万年を語る貝塚~

前回の「旧石器時代」に続いて、今回は「縄文時代」です。

前回の「旧石器時代」の次に来るのは、世界史的には磨製石器を使う「新石器時代」(中石器時代を含む)です。耕作も始まり、やがては石器以外にも銅器青銅器鉄器の使用へと発展していきます。

が、日本では新石器時代を「縄文時代」「弥生時代」という分け方で区別しています。

手元の資料では約1万2000年前から縄文時代に入り、2400年前まで続いたとあります。wikiでは約1万5000年前~2300年前となっていました。世界史だと中石器時代・新石器時代に相当します。大体、稲作が入ってくるまでが縄文時代だという認識で良いと思います。

農耕も行われた形跡はあるようですが、生活基盤となるレベルではなかったそう。基本的には取ったり、獲ったりして暮らしていたようです。採集経済。

そしてなんと、縄文時代は約1万年も続いているんですね。その間、世界ではいくつかの文明が起こり、滅亡を繰り返しています。栄枯盛衰。

良く言えば、日本では平和な時代が長く続いたということですよね。
また、氷河期も約1万年前には終わりを告げ、地球が温暖化して海水面が上り「日本列島」が誕生しました。日本は島国だったからこそ、平和が続いたのかもしれません。

さて、縄文時代の特徴と言えば、なんといっても「縄文土器」です。

縄文時代

縄文土器と遺跡

縄文土器の特徴といえば、縄を転がしてつけた「縄文」と呼ばれる模様。
Periodo_jomon_medio,_vasellame,_02.JPGJomon_Vessel_with_Flame-like_Ornamentation,_attributed_provenance_Umataka,_Nagaoka-shi,_Niigata,_Jomon_period,_3000-2000_BC_-_Tokyo_National_Museum_-_DSC05620.JPG
(写真は縄文土器 – Wikipediaより)

土器は食物の煮炊きや、貯蔵用として使われたようです。

土器の出現で、人々の食生活は大幅に変化しました。まず、ドングリなどの木の実の「アク抜き」ができる用になりました。更に、直火以外の加熱ができるようになったので、調理のバリエーションも増えました。

大森貝塚と三内丸山遺跡

「縄文」の名付け親はアメリカの「エドワード・S・モース」という動物学者です。
EdwardSMorse.jpg
(写真はエドワード・S・モース – Wikipediaより)

明治時代、助っ人外国人として東京大学の教授を務めていたときに、「大森貝塚(おおもりかいづか)」を発見しました。
Omori_Shell_Mounds_Park.jpgkaiduka.jpg 
(写真は大森貝塚 – Wikipedia / 品川経済新聞より)

日本の考古学、人類学の基礎を作り、進化論を体系的に伝えたのも彼です。

モースが貝塚を発見したのは、なんと「汽車の車窓」から。横浜駅-新橋駅間を走っている途中、「ん?あそこ、貝塚っぽくね?」と言ったかどうかはわかりませんが、まさに「東京の車窓から」。

ところで「貝塚」って不思議だと思いませんか。先生からは「貝塚はゴミ捨て場だったんだよ」と教えられました。でも、「いやいや、だからなんで貝やねん!」と、心の中でツッコんだ人もいるはず(・・私だけ?)。

実は、貝のおかげで貴重な過去の遺物が、消えずに残っているらしいのです。日本の土は基本的に酸性で、土に埋まってしばらく経つと、たいていのものは溶けて無くなってしまいます。

が!貝は違います。貝殻に含まれる「石灰分(炭酸カルシウム)」が、土壌を中和してくれるおかげで、貝殻はいつまでも元気。貝の近くにある過去の遺物も、一緒に保存されるということらしいです。

お次は遺跡。縄文時代の遺跡と言えば、「三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)」(青森県)が有名。
sannaimaruyama.jpg
(写真は三内丸山遺跡 – Wikipediaより)

とにかくでかい。500人規模の大規模集落跡です。
写真の、屋根のない矢倉みたいなやつは、掘立柱建物(ほったてばしらたてもの)というらしいです。「高さ」って、やっぱり「威圧感」を感じますね。

磨製石器とその他の道具

縄文時代は、世界史だと「新石器時代」にあたります。が、新石器時代の特徴である「耕作」が、縄文時代にはほとんど行われていません。豊かな自然のおかげで、狩猟、採集、漁労などで、十分食料を得ることができたのでしょう。

ただ、氷河期が終わり気温が上昇するにつれて、大型の動物は死に絶え、すばしっこい小動物が増えてきました。となると、獲物を捕らえるためにより進化した槍や弓矢などの武器が必要となります。

槍と言えば、打製石器の「尖頭器」。
sentouki.jpg
(写真は山口県立山口博物館より)

さらに縄文時代では、打製石器に加え新石器時代らしく「磨製石器」の使用も始まりました。
maseisekihu.jpg
(写真は市原市埋蔵文化財調査センター電脳展示室より)

磨製石器は、砂や研ぎ石で磨いて作る石器。包丁の歯を研ぐような感覚でしょうか。

その他には骨角器(こっかくき)も使用していたようです。動物の骨や角などを加工して「釣り針」や武器の先に付ける「鏃(やじり)」に使っていたそう。
kokkakuki.jpg
(写真は榎戸貝塚出土骨角器/横須賀市より)

かなり本格的ですね。返しもちゃんと付いてる。ルアーを手作りする人はたまに見かけますが、釣り針まで手作りするってすごい。こんなの、絶対大切に使いますよね。根掛かりしたら、潜って回収しに行っちゃう(笑)

釣りをするために、船も乗りこなしていたようです。木をくり抜いて作った丸木舟(まるきぶね)です。
marukibune.jpg
(写真は丸木舟 – Wikipediaより)

縄文時代中期頃からは、マグロやカツオを取る「遠洋漁業」も発達していたそう。イルカ漁も始まっていたようです。想像以上に本格的な漁業で驚きました。

竪穴住居

竪穴式住居(たてあなしきじゅうきょ)も縄文時代の特徴なんですね。完全に忘れてました(笑)。
tateanashiki-juukyo02.jpg
(写真は岩淵遺跡/国見町ホームページより)

 まず地面を円形や方形(四角)に窪めて、そこに柱を数本建て、梁などで固定して骨組みを作ります。その上に土、葦(ヨシもしくはアシ)などの植物で屋根を作って完成!です。

現代人でも作れそうですね。小学校高学年くらいなら、やり方と材料を手に入れば「秘密基地」として一軒建てれそう。

骨組みはこんな感じらしいです。
honegumi.JPG
(写真は竪穴式住居 – Wikipediaより)

・・やっぱりちょっと難しそう。

縄文時代の文化

1万年も前の文化がわかるなんて・・すごい。

アミニズム

アニミズムとは、生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方。
アニミズム – Wikipedia

語源は「アニマ」。これは、「アニメーション」の語源でもあります。

アニメで思い出しましたが、「アミニズム」というと「もののけ姫」を思い出します。自然を畏れる人々と、そんなもの恐れるに足らんというエボシ。

(画像はAmazonリンクです)

現代文化、様々な価値観で溢れる現在にいたっても、少なからず日本人には自然に対する「畏れ」があるのではないでしょうか。

「こ、この干ばつは神の祟りじゃ~。い、生贄を捧げなければ!」はやりすぎですが、自然を愛でる心と、少しの敬意は持っていたいですね。

※↓は私、の大好きなドキュメンタリーです。何度観ただろう・・

土偶と石棒

女性をかたどった土偶(どぐう)も縄文時代の特徴。
dogu.JPG
(写真は土偶 – Wikipediaより)

ちなみに埴輪(はにわ)は、古墳時代なので、もうちょっと先の話。

体の一部分が破壊されているケースが多いので、「ケガを直す、おまじない的なものなんじゃないか」という説や、土偶のほとんどが女性なので「妊娠、子供に関係する願いや祈り、お守りなのかも」など、いろんな説があります。

男性を象徴する石棒(せきぼう)も、縄文時代を代表する磨製石器の一つ。
Sekibou.jpg
(写真は石棒 – Wikipediaより)

生命の誕生は、いつの世も神秘なんですね。

儀式

縄文時代の死体の埋葬方法は屈葬(くっそう)でした。字の通り、手足を屈折させて体育座りのような状態で葬ります。

「死人が蘇るのを防ぐ為」「胎児と同じ体勢にさせて復活を願った」という、真逆の説もあります。いつの世も「死んだ後」の、何らかの思い(願い・恐れ)があったんですね。

通過儀礼で抜歯(ばっし)が行われていたそうです。人生の節目節目に歯を抜く風習。歯に溝を掘ってフォークのようにする研歯(けんし)は、集落の統率者や呪術者の印だったとか。

テレビでよく見るのは、少数民族が通過儀礼として「入れ墨」を入れる習慣。昔、テレビで驚いたのはアフリカかどこかの民族で「成人の証としてバンジージャンプをする」なんていう通過儀礼もありました。

まだ幼いうちに施す男子の「割礼」も、世界でよく見られる風習ですよね。多くは宗教的な意味合いを含みます。

今回は、以上です。
ありがとうございました。

次回は>弥生時代

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク