奈良時代についてわかりやすく-平城京編-

平城京で有名な奈良時代。せんとくんがイメージキャラクター?のあの時代は、実はめちゃめちゃ遷都した時代でもありました。まずは平城京と、大まかな奈良時代の紹介をして、次のページで藤原氏がブイブイ言わせていた政治に触れていきます。

スポンサーリンク

奈良時代とは?

奈良時代(ならじだい)」は、”せんとくん”の時代です。笑

sentokun.jpg
(写真はせんとくん《OFFICIAL》twitterより)

せんとくんは、2010年に行われた「平常遷都1300年祭」の公式マスコットキャラクターらしいです。仏様に鹿の角をぶっ刺した斬新なデザイン。ゆるキャラとして成功を収めた、数少ないキャラクターですね。

2010年の時点で1300年記念ということは・・2010-1300=710・・なんと!いや、「南都(710年)きれいな平城京」ですね(無理やり)。”南都”と語呂合わせするのは、山城国(現在の京都府南部)から見て、奈良が南にあるからだと思います。

奈良時代は、平城京が都とされた時代で、平安京に遷るまでの710年~794年のことを指すようです。

遷都くん

しかし、”せんとくん”という通り、実は710年~794年までの間に「平城京(710)→恭仁京(740)→紫香楽宮(74?)→難波宮(744)→平城京(745)→長岡京(784)→平安京(794)と、何度も遷都を繰り返しています。(※実際には行ったり来たりしているようなので、年号は参考程度に。)

sento1300.jpg
(写真は平城遷都1300年記念事業準備事務局資料より)

途中、京都や滋賀、大阪などもはさみ、再び平城京に戻ってくるというように、遷都しまくりの時代だったんですね。”都が変わる”ということは”支配者(権力者)”も変わったということでしょうか。

ちなみに、「平安京(794)以後は、数か月だけ「福原京(1180)」に遷都し、再び「平安京(1180)」、そして「東京(1868)」で現在に至ります。

都が目まぐるしく遷都した時代は、奈良時代で最後だったんですね。もちろん、権力者の拠点という意味では、鎌倉、大阪、江戸など有名な都市が、これから続々登場します。

平城京

heijokyo.jpg
(写真は平城京復元模型/嵐山町web博物詩より)

710年、元明天皇(げんめいてんのう)のときに遷都された平城京(へいじょうきょうorへいぜいきょう)は、藤原京よりも北、現在の奈良県奈良市及び大和郡山市あたりに位置していました。(wiki調べ)

平城京の特徴

平城京は飛鳥時代と同じく、唐の長安に習って作られました。いくつかの特徴を挙げます。

・都城制と条坊制

藤原京と同じく、南北中央の朱雀大路左京右京を区切ります。宮から見て(北側から見て)左・右です。そして、南北を、東西をで碁盤目状に区切った左右対称の方形都市。天皇の住居や役所のある「宮」と、役人たちの生活する家を含めた全体を「京」と呼びます。横に出っ張っているのは「外京」と呼ばれ、後から拡張されたようです。その端には東大寺がくっついています。

heijo-map.jpg
(写真は平城宮跡へようこそ – 奈良平城京略年表より)

・朱雀門

Suzakumon_Heijokyo2.jpg
(写真は朱雀門 – Wikipediaより)

「朱雀門(すざくもん)は、いわゆる正門です。

”朱雀”って、よくゲームや漫画に登場しきます。朱雀(すざく)は、中国の伝説上の神鳥で南方を守る守護神らしいのです。朱雀門は宮城の”南”から伸びているので、おそらくそういう意味かと。また、鳳凰(ほうおう)、不死鳥、フェニックス、インド神話に登場するガルーダ等と、同一起源とする説や同一視されることもあるようです。確かに・・(ポケモンの)鳳凰って朱雀っぽい。

南が朱雀ということは、残りの三方にもそれぞれ守護神がいるようで、東を青龍西を白虎北を玄武が司ります。これらを四神(ししん)、四獣(しじゅう)、四象(ししょう)などと呼ぶらようです。・・かっこいい。

siju.gif
(【風水】四神相応 | i無料占いより)

最近だと、ファイナルファンタジー零式でも、四神が出てきました。OP・EDに使用されたBUMP OF CHICKENのゼロにはウルウルきました。

ゼロ
BUMP OF CHICKEN
¥250

・大内裏

Heiankyo_palace_location.png DaidairiPlan.png
(大内裏 – Wikipediaより)

※↑は平安京の大内裏です(平城京の画像見つけられなかった・・)。

「大内裏(だいだいり)は、平城京における宮城の部分です。中に、内裏(だいり)、大極殿(だいごくでん)、朝堂院(ちょうどういん)などがあります。

―内裏

「内裏(だいり)」は、天皇が私的に使用する場所です。

―大極殿

midokorophoto-main01.jpg
(写真は第一次大極殿/平城宮跡ガイドより)

「大極殿(だいごくでん)」内には玉座(高御座)があり、国家的な儀式や謁見の際に使用されました。

Imperial_throne_of_Heijo_palace.jpg
(写真は高御座 – Wikipediaより)

↓ちなみに大極殿の大極は、太極のことです。
On-myō_Magatama_(Kotobuki_no_Ji)_Domoe_inverted.jpg
(写真は太極 – Wikipediaより)

―朝堂院

386px-Plan_of_Chodoin.jpg
(写真は朝堂院 – Wikipediaより)
※↑も平安京の朝堂院です。

「朝堂院(ちょうどういん)」は、宮城の中心となる正殿のことで、八省院とも言われます。

・その他

藤原京などと同じく、寺院や東西の市、貴族・官人・庶民の家などがあり、人口は約10万人いたと言われています。また、平城宮に隣接する長屋王邸宅跡からは、3万5000点という大量の木簡が出土し、当時の日常や実態を知る貴重な資料となったようです。

奈良時代の外交

Map_of_Balhae.jpg
(写真はMap of Balhae.jpg – Wikipediaより)

唐と新羅との関係

飛鳥時代に引き続き、唐(618~907年)との関係も継続します。遣唐使は多い時には500人が4隻の船に分乗して海を渡るのですが、ちゃんと到着できる確率は低く、常に遭難の危険を伴いました。8世紀には、約20年に一度のペースで遣唐使が派遣されたようですが、問題が起きます。

新羅との関係悪化のせいで、今まで利用していた「北路」ではなく、危険な「南路」を利用せざるを得なくなりました。

Kentoshi_route.png
(写真は遣唐使 – Wikipediaより)

663年「白村江の戦い」以後、仲良しだった百済は無くなりました。しかし、白村江以降、新羅と唐との戦争中には、新羅が日本を頼る場面もあります。ただ、渤海の成立や唐からの冊封体制を受けて、日本との友好関係を続ける必要は無くなり、なんやかんやで関係が悪くなったのでしょう。もしかしたら、唐からの冊封を受けていない日本が、新羅をdisったのかもしれません。

そして、ついに藤原仲麻呂(706~764)のときには、新羅侵攻の計画まで立てたようです(実現せずに終わる)。一方で、商売人たちの新羅との関係は活発化したとか。経済は正直ですね。

遣唐使、阿倍仲麻呂

Hyakuninisshu_007.jpg
(写真は阿倍仲麻呂 – Wikipediaより)

阿倍仲麻呂(あべのなかまろ 698~770年)は、留学生として唐に渡り、時の皇帝「玄宗(げんそう)」に気に入られ、帰国を果たせず唐で客死した人物です。なんと、科挙にも合格したというから・・すごい。同じく「藤原清河(ふじわらのきよかわ)」も帰国できなかったらしいです。

同時期の留学生には、「吉備真備(きびのまきび)」や学問僧の「玄昉(げんぼう)」がいます。後で紹介する、橘諸兄のアドバイザーとなった2人です。ちなみに、皇帝の玄宗は、世界三大美人の一人と言われる「楊貴妃(ようきひ)」を”好きすぎた”皇帝としても有名。

阿倍仲麻呂のエピソードは”日本史”ではなく、小学生のときに覚えさせられた「百人一首」として記憶に残っています。意味なく覚えさせられたと思っていた百人一首にも、意味があったんですね・・しみじみ。

天の原 ふりさけ見れば 春日なる

 三笠の山に 出(い)でし月かも

-安倍仲麿(7番)『古今集』羇旅・406-

【現代語訳】

天を仰いではるか遠くを眺めれば、月が昇っている。あの月は

 奈良の春日にある、三笠山に昇っていたのと同じ月なのだなあ。

京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】より

百人一首で思い出してちはやふる見てたんですけど、百人一首って良い歌がたくさんあったんですね。小学生のときは、ただただ覚える作業でした。

渤海との関係

「渤海(ぼっかい 698~926年)」とは、飛鳥時代に続いて友好関係です。以上!

奈良時代の交通

駅制

このタイミングで紹介するのも微妙ですが、入れる場所が無いのでここに入れます。

飛鳥時代で紹介した五畿七道(ごきしちどう)の元で、国家的に管理・整備した官道を作り、情報伝達システムとして「駅制(えきせい)」が導入されました。約16km毎に駅家(うまや)を設置し、馬や食料を提供することで官吏や使者の移動効率が高まりました。官吏は、駅鈴(えきれい)という鈴を朝廷より支給され、駅鈴によってサービスを受けることができたようです。

Ekirei.jpg
(写真は駅鈴 – Wikipediaより)

続きは>奈良時代「政治編」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク